コレクショヌールな人ってすごい

コレクショヌールとは日本で云うコレクターのフランス語読みの呼び方なのですが、
ただ単にコレクターというよりは何だか奥が深くて、
そのコレクションしている物の内容も価値が高そうなイメージがあります。

 

 元々ヨーロッパの方は物を代々引き継いでいきながら長く愛用する傾向が強いので、
コレクションしている物もアンティークや骨とう品といった高価で価値の高い物が多いのかもしれません。

 

 何かを何年間もかけてコツコツと集めていく作業ってすごいと思います。

 

 私はどちらかというと性格的にドライな方なので、
これは使わないと判断したらすぐにネットオークションに出品するか、
誰かにあげたりするので性格的にはコレクションには向いていないタイプです。

 

 それに比べてうちの父は何かとすぐに物を集めるのが好きみたいで、
何でもすぐに溜め込むといった性質があるようです。

 

 それは切手だったり、日曜大工道具だったり、庭石だったり、洋ランだったりと様々ですが、
コレクションした物が家中を覆い尽くして日々の生活を送るのが困難になっても
それでも必至で物を溜め込もうとするから不思議です。

 

 それが父だけでなく母もバッグや洋服をタンス6個分ぐらい所持しているから大変なのです。

 

 彼ら曰く戦時中の物が不足している時代に生まれたからそんな風に欲が出てしまったらしいのですが、
コレクションするのはいいから少しは整理整頓してほしいなと思いました。

 

 私もアクセサリーといった細かい物でもコレクションしてみようかなと思いました。